アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
インフォメーション

2006/09/21 共有プラグイン『本文表示機能付コメント』公開
2006/09/21 共有プラグイン『本文表示機能付コメント』申請
2006/09/12 共有プラグイン『説明文付リンク』公開
2006/09/10 小さな世界別館-小さな世界販売所正式OPEN!
2006/09/10 共有プラグイン『説明文付リンク』申請
2006/08/29 アクセスカウンター設置
2006/08/28 アクセス数2000回突破
2006/08/11 『だいさくに思ってほしい事』追加
2006/08/10 共有プラグイン『画像に文字表示シリーズ』公開
2006/08/07 共有プラグイン『画像に文字表示シリーズ』申請
2006/08/04 共有プラグイン『RSS登録用』ダウンロード100突破!
2006/08/02 共有プラグイン『RSS登録用』公開
2006/08/02 共有プラグイン『RSS登録用』申請
2006/08/01 インフォメーション機能追加
2006/08/01 プロフィール機能追加
2006/07/31 ブログランキング参加
2006/07/31 FC2ブログへの移行完了

※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、何れもだいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。

※ 小さな世界ブログコンテンツは一部著作権保有です
   記事の引用、画像・ソースを取得をする方は一度下の記事をご覧下さい。
   一部著作権保有について

ブログランキング参加中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログにこられる検索ワードで最近増えている検索ワード
『結婚式 服装』
ってことで今日は結婚式の服装

注:だいさくは男で女性の服装はわからない為、
  男の服装しかアドバイスできません。

まず結婚式の服装と言っても立場や呼ばれる会によって違うと思います

親族として結婚式に参列する時は悩むでもなく礼服でしょう
実は礼服が一番楽だったりします、何も考えず礼服着て、白のネクタイを
しめればよいのですから。

で、一番悩むのが結婚式・披露宴での招待客としての服装だと思います。
既に結婚している人は礼服というのが本当なのですが、
最近は若い人だと結婚してようがしてまいが礼服は少ないと思います。

ではどんな服を、との事なのですが黒とか紺のスーツに
カラーシャツ、カラーネクタイでも全然かまわないと思います。

だいさくは礼服か黒のスーツに薄いピンクのシャツ、白っぽいネクタイで
行く事が多いです。

実際の所、他に出席する人とあわせるのが一番だと思います。
礼服が多い時もあればスーツが多い時もあるからです。

男の場合そんなに回りも服装の事は気にしてないし
見られてもいません、お祝いする気持ちがあれば
赤とか緑とか紫みたいなよっぽどおかしな色のスーツを
着ていかないかぎりは大丈夫です。

でも、仕事できてよれよれのスーツを着ていく位なら礼服をお勧めします。

あと2次会の服装ですが、普通にスーツでOKです。

礼服で行くことになった時などに遠方の会場だと大変なので
そんな時は会場で着替える事をお勧めします。

大体どこの会場でも着替える場所はあるので、
だいさくは普通の服で言って会場で着替えるにしています。

簡単ですが参考になったでしょうか?





服装なんてなんでも良いのです祝う心が大切です
スポンサーサイト
20060905162845s.jpg

前回の続きを書こうかと思ってたんですが、
あまりに記事が長くなり、うまく記事に纏まらなかったので
今回は結婚について思うことを記事にします。

だいさくがマイハニーと出会ったのは高校の時です。
吹奏楽部の部室で出会ったのが初めてで、
付き合いだしたのは高校2年の事です。
それから10年近い月日が経ちましたが、
いまだに仲良くしています。

だいさくの人生設計では、20歳で子供ができて
子供が20歳の時に40歳の若いお父さんを目指していたのですが
そんな人生うまくいくはずもなく、結婚したのは24歳の頃です。

プロポーズの言葉はいっぱい言い過ぎていてどれでOK貰ったのかは
不確かなのですが、24歳のある日に結婚する事が決まりました。

そうなると、まず両親への紹介となるのですが、
マイハニーとだいさくは交際期間も長かった為、
今更紹介するでもなく、だいさくの両親への紹介はとても軽い物でした。

マイハニーとだいさくの母とはとても仲がよく、今でも一緒に遊びに行き
だいさくの愚痴を言ってるそうです。
今のところ姑問題もなく良い関係を保てているようなので安心です。

で、マイハニーの両親への挨拶ですが、だいさくは両方の親とも
話はした事がありましたが、義父の方とは殆どまともに話したことが
無かった為、きちんと挨拶に行く事にしました。
義父の好きなお酒を持って、畏まっていった覚えがあります。
結婚の挨拶ですが、だいさくはドラマの様に
『娘さんを下さい』など毛頭いう気は無く、
『結婚する事になりましたので、これからもよろしくお願いします。』
と、結婚報告を行いました、実際20歳を超えて成人になると、
結婚に親の承諾などいらないので、承諾を貰うと言うより、
報告すると言う形の方がスマートかと思いそうしました。
もちろん反対されるでもなく、だいさく以上に義父が緊張していて、
無難に結婚報告は行えました。

そのあとは結婚式の準備に追われ忙しい日々を過ごしましたが、
とっても楽しかった充実した期間でした。

あれから2年くらいたつのですが、結婚当初と殆ど変わらず、
生活しています、だいさく家ではまだ子供も居ないので、
殆ど独身当初とかわりなく、
逆に独身時代より自由になったかもしれません。

結婚は地獄などと言う人もいますが、だいさくは結婚して
本当に良かったと思っています、
家に帰ると誰かが居るってのは本当に良いものですよ。

そんな事を言ってると、よくそんなに続くねぇと言われるのですが
結婚しては2年、交際期間は10年のだいさく夫婦
仲良く過ごす秘訣は相手の事を褒める事、
だいさくは外でも愛妻家ぶり全開で、
決して謙遜して、マイハニーを貶したりはしません。
いつでも相手の良いところを見る様にして、
外でも愛妻を自慢することで仲良く過ごしています。

最近家庭危機を迎えている方は一度外で一緒にいる時に
奥さんの目の前で褒めてみれば良いんじゃないでしょうか、
たまには照れないストレートな言葉が家庭を救うかもしれません。

だいさくはそろそろ子供も欲しいので、
そうなると今より自由は少なくなるかも知れませんが、
とっても楽しみです。
子供が生まれた暁にはこのブログ間違いなく
親バカの育児ブログになるでしょう。
その時を皆様楽しみにしていてください。





 結婚も良いものですよ。
20060904141302.jpg

だいさくは結婚して2年とちょい立ちました。
だいさくにとって結婚式とは本当に思い入れの深い思い出です。

だいさくにとっての過去最大のイベントであり、
だいさくとマイハニーで作り上げた最高の作品であります。
ちょっとした自慢ですがだいさくの結婚式の写真が良かったらしく、
式場の紹介写真として使わせて欲しいとの事でけっこんぴあなどで掲載されています。

だいさくはマイハニーよりも多く結婚式場にかよい
ウエディングプランナーと結婚式について
入念に打ち合わせを行いました。

ウエディングプランナーの方も驚かれていました。
結婚式などは大概新婦にまかせっきりになり、
新郎は無頓着で面倒臭がる傾向にあるので、
そこまで積極的な新郎は見たことが無いとの事でした。

だいさくは女性がやる事とか男性がやると恥ずかしいとかは全く考えません、
だいさくは料理もするし買い物もする、洗濯もすれば、弁当も作ります。
もちろん結婚式の企画も積極的に行いました。
しかし、そんな話をすると世の男どもは男がそんなのするなんて的な
回答を返してきます、正直聞きなれましたが、だいさくから言わせれば
そんなしょうも無いプライド捨てて、自分の結婚式なんだから
最大限自分も努力をして企画した方が一緒の思い出に残る良い結婚式が
できると思うんですがどうでしょう?

結婚を控えている新郎諸君、今こそ頑張るときです、
新婦ばかりに任せていると自分の活躍の場がなくなりますよ
自ら乗り出し新郎主体の結婚式を開催しましょう!!

そんな意気込みから出発しただいさくプロデュースの結婚式を
複数回に分けて不定期更新ですが記事で紹介しようと思います。

これから結婚式の準備をするひとの参考になれば嬉しいです。

《イメージを固めるためには》
 まずしないと行けないのがどの様な結婚式を行うかを決め
 式場を決定することです。
 
 結婚式の準備打ち合わせは大体結婚式を行う3~4ヶ月前から
 本格化してきますが、式場決めだけはもっと早い段階で
 1年位前から決めるぐらいでないと良い日は全て埋まってしまいます。
 だいさくは9ヶ月ほど前から式場を探し始めましたが、
 すでに良い日の殆どは埋まっている状況でした。

 あせってしまって良い式場を選べなくても問題なので、
 早めに準備を始める様にしましょう。

 急いで式場を決めるにしても式場は無数にあり、
 ある程度イメージを持っていないと
 いつになっても決めることができません。
 時間も有限なのである程度のイメージを固めて置き
 式場に実際足を運ぶ必要があります。

 だいさくはまずイメージを固めるためにゼクシィを購入ました。
 (だいさくは結婚式あげるまで9ヶ月間毎月ゼクシィを買ってました)

 式場等の資料の取り寄せは無料なので、イメージと違ってもがんがん取り寄せましょう
 だいさくはゼクシィなどから手当たりしだい、
 よさげと思ったのは全て資料請求しました。
 
 イメージが全くわかない方、一度も結婚式に参加した事の無い方は
 一度どこでも良いので模擬挙式を見に式場見学に行ってみましょう、
 特にこの時期(8~10月)はブライダルフェアが頻繁に開かれています
 模擬結婚式も、神前式、教会式、人前式とありますで、機会があれば
 全てを一度みて見ると良いでしょう。
 
 ブライダルフェアに行く際には試着や紹介品を写す様のカメラ
 メモなどを忘れずに持って行き、女性は試着出来るよう着替え易い服装で
 男性は試着が基本的にないのでどんな格好でも良いですが、
 ある程度きっちりした服を着ていればドレスすがたの横にならんで
 写真を撮ることで自分の服装もイメージできます。
 
 その際に重要なのは結婚式用のファイルを用意しておき
 とった写真や貰ってきた資料、雑誌など情報は切り抜きにして
 全てファイリングして置きましょう。
 だいさくはよさげなドレスや服、料理、イベント、花、ギフトなどを
 ファイリングしていました、
 のちのちに具体的に決めていく段階で、見本として大変重宝しました。
 
 だれでも初めての結婚式なので、積極的に情報収集を行いましょう、
 そうすれば自ずと自分の開きたい結婚式が見えてくるはずです。
 
 結婚式場を決める為に必要な項目
  両親主催なのか自分達主催なのか
  予算はどれくらいなのか
  場所はどの辺にするのか
  式場の種類はどうするのか
  式の方式は何をするのか
  何人位よぶのか
  なにを重視するのか
  料理の種類をどうするのか
  
 などを念頭に置きつつ始めはとにかく情報収集を行い
 どんどんブライダルフェアなどに参加してみましょう。

 ブライダルフェアを探そう
 ブライダルフェアはどこの式場でも開催していて
 ネットでも簡単に見つける事ができます。

 ブライダルフェアでは涼しいし、お土産もらえるし、
 美味しい物食べれるし、ドレスも着れるしで
 結婚前のカップルには絶好のデートスポットにもなりますよ
  
今回はここまでです。
次回は結婚式場を決めるための項目についてだいさくの
答えを交えながら紹介したいと思います。





 次回楽しみにしてくれている人はLet's Click!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。