アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060802121936.jpg

テレビからこんな声が聞こえてきました
『4万4千ボルトの高圧電流がながれて~~~』
何気なく聞いていたんで詳細は覚えてないのですが
突っ込みどころ満載です。

ニュースや本などあらゆる所で耳にしますが
『~~ボルトの高圧電流が流れて~~』
意味わかりません。

1、ボルトは電流の単位ではない
 小学校で習うオームの法則ですが
 こう習いませんでしたか?

 電圧の単位はボルト(V)
 電流の単位はアンペア(A)
 抵抗の単位はオーム(Ω)で

 電圧を計算するには電流に抵抗を掛けます。
 これがオームの法則でV=IRと覚えます。
 Vは電圧Iは電流Rは抵抗です。

 だいさくは元電気工事士だからと言うわけではなく
 小学校で習う程度の事だから常識の範囲でしょう。

2、高圧電流という言葉は存在しない
 電流は流れるものなので圧とは表現しません。
 高圧とは電圧を表現する言葉で
 大きな電流を表現するときは大電流と表現します。
 
3、電圧は流れない
 電圧は掛かるものであって流れるものではありません
 よて~~ボルトの電圧はながれません。
 
それをニュースでしかも平然と意味の分からない言葉を使っています。
では、なぜそんな言葉を使うのでしょう?

多分インパクトの問題ではないでしょうか、ニュースといえど
インパクトのある言葉を使わないと伝わらないからでしょう。

まず人が感電して死ぬ場合は電圧が掛かって死ぬわけではありません
電圧が掛かることにより電流が流れて死ぬのです。

つまり4万4千ボルトの電圧が掛かっても電流が流れなければ死なないのです。
ならなぜ電流と表現しないのでしょう?

じつはこれこそがインパクトの問題です。
4万4千ボルトの電圧が損失なくそのまま人体に掛かるとします。(まぁありえませんが)
人体の抵抗はだいたい400~4000Ωくらいなので間の2000Ωとします

ここでオームの法則、電流を出すには電圧を抵抗で割ります。
44000÷2000=22
よって22アンペアの電流が流れることになります。
(実際は電圧が高いほど人体の抵抗は落ちるので
 4万4千ボルトもかかるともう少し電流は高いと思われます)
 よって正確に先程の言葉を言うと
『22アンペアの大電流が流れて~~』
となる訳です

どうでしょう?今一インパクトが弱いでしょう
実際凄いのか凄くないのか分かりにくいと思います。

実際には22アンペアの電流といのはかなり凄いです。

なぜなら人は100mAもながれれば十分死ねます。
アンペアでいうと0.1アンペアです。
22アンペアも流れれば確実に死ぬでしょう。

しかし22アンペアといっても凄さが伝わらないので
訳の分からない~~ボルトの高圧電流とい表現が生まれたのでしょう。

もしこの言葉通り電圧で人が死んでいると
年間何人の人が亡くなるかわかりません、

なぜなら冬場などに頻繁に起こる静電気の電圧は
数千ボルトから数万ボルトの電圧が掛かります。

どうでしょう?インパクトで言えば死にそうじゃないですか?

『本日Aさんはドアノブに触れ2万5千ボルトの電圧がかかり死亡致しました。』

おいそれとドアにも触れなくなるでしょう。

ではなぜ静電気では死なないのでしょう?

それは静電気の電圧が直接人体にかかるわけでなく
発生源と人体との間にかかるからです。
その間には空気が存在しています。
空気の電気抵抗はとても高い為
人体にかかる電圧は非常に小さく死ぬには至らない事になります。

ので、ピカチュウの10万ボルトでは10cm以内に敵がいるか
直接触れないと、とても敵を倒すことはできません。

ちなみに家庭用電源の電圧は100ボルトですが、
直接コンセントなどに触れ、そのとき手が濡れてるなどして
人体抵抗値が低いと死ぬ事があります。
100÷500=0.2
0.2アンペアも流れれば死んでしまいますね。

実際は100ボルトそのまま掛かることもなく、
人体抵抗がそこまで下がることもないので
死に掛けても死ぬことはあまりありません。

『風呂上りにびしょ濡れで舌をコンセントに突っ込む』
とかしなければ多分死にません。

とまぁ長々と話しましたが、皆が勘違いしない様に
ニュースなどでは正しい表現をした方が良いんじゃないでしょうか。






 オームの法則覚えましたか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>1、ボルトは電圧の単位ではない

文脈からすると、「電流の単位ではない」の間違いではないでしょうか?
電圧の単位は、ボルタの名前から取ったボルトです。
2007/10/21(日) 01:01 | URL | ただの通りすがり #-[ 編集]
ただの通りすがりさん へ
ご指摘有難うございます。
早速直しました、誤字脱字が多いので、
このように指摘して頂けると助かります。
2007/10/22(月) 11:56 | URL | だいさく #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/06(日) 22:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/20(月) 03:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daisyaku.blog56.fc2.com/tb.php/22-eb457a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ボルト_(単位)ボルト (volt) は、電圧、電位の単位。名称は、物理学者アレッサンドロ・ボルタに由来する。1ボルトは1クーロンの電荷を運ぶのに1ジュールの仕事を必要とする電位差。V = J/C で表される。国際単位系|SI基本単位であらわすと、V = メートル|m2 · キログ
2007/02/07(水) 20:09:52 | 電磁気学・磁気関連についてのWEB
''Fm'' )や磁位差(量記号: ''Um'' )の単位も同じ「アンペア」という名称であるが、これは電流の単位
2007/09/30(日) 05:27:35 | 単位がないと不便
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。