アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060730234633s.jpg

だいさくは基本的に家事全般なんでもこなせます。

3ヶ月ほど主夫していた事もあるぐらいで、
最近まで昼のお弁当も自分で作っていました。

食器洗いや洗濯は好きじゃありませんが、料理を作るのは大好きです。
今でも仕事が休みの時は晩御飯を作ったりしてます。┳┳ ヽ(^▽^ゞ)

とは言っても特別手の込んだ料理を作ったりはしません。
得意料理は特に無いですが、

カレーとか作るときはかなり気合入れちゃいますね、

一時期はオムライスにも嵌ってました。
半熟にした卵をチキンライスの上に置きナイフで切って
ボワッて感じになるように作りたくて毎食オムライス作ったりしてました。

後は、牛丼とか作ると結構受けが良かったりしますね。

基本的にはレシピと材料さえあればなんでも作ります。
ってな話をしてるとよく言われるのが

『すごいなぁ私(俺)はぜんぜんできないから』

え?なんで?できない?やらないの間違いじゃないの
って思っちゃいますね。

レシピ見れば誰でも食べれるものは作れます。
だから料理が下手って人は、

レシピみてない
レシピ通りの分量を計ってない
レシピ通り進めてない
そもそもやる気がない

これさえ直せばだれでも食べれる料理は作れます、

レシピ見てない人は見て下さい(今はネットで調べれるから便利です)

分量はキチンと軽量スプーンを使ってください
(なれると感で分かるようになりますがそれまではきっちり計る事)

レシピ通り進めれないのはその都度レシピみてるからなんで
自分でメモをとりなおして料理しながら見れるところに張る
例 1、野菜切る
  2、肉切る
  3、野菜いためる
  4、塩コショウ(少々)
ってな風に自分が分かるように簡単に時系列を書くと
レシピみてる間に焦げたとか調理順番間違えるとかなくなります。
あと調味料系は先に合わせて作っとくと手際よく進めれます。

やる気無い人はやる気出してください、奥さん、彼女、両親に
作ってあげるときっと喜んでもらえますよ。(≧∇≦)/

初心者にありがちなのが、味見を頻繁にしてどんどん味を濃くしてまずくする事、(>へ<)
分量どおりに作れば食べれる様になってますし、なれない内は
味見してもどうせ調整できません。味見はしない様にしましょう。

味見しての調整は実は高度な技術が必要
味見すればするほど味に慣れるので、どんどん濃くしてしまう危険があります、
料理の温度は作ってる途中と比べて食べる時の方が下がってます。
だから味見の時に薄く感じても食べる時には丁度よかったりします。
しても味見は1回だけ2回目の味見は確認くらいにしときましょう。


次はだいさくのしている便利技でもご紹介

皆さん煮物とかする時、調味料なに使ってます?
だいさくは気合が入ってるときはキチンと調味料を使いますが、

通常はめんつゆ(濃縮タイプ)を使います。

え~と思った方!めんつゆを舐めちゃいけません。
煮物を失敗する一番の原因は醤油と他調味料の分量調整です。

しか~し!このめんつゆ、その分量調整すでに出来てます、しかも出汁まで入ってる
これだけでも煮物として通用するくらい優秀なんです。

でもそのままじゃめんつゆばればれなんで少し料理酒を入れて、
みりんをお好みによりますが、手鍋で大さじ1くらい入れると
りっぱな、煮物になっちゃいます。一度お試し下さい。

ではここで、手鍋で簡単につくれる美味しい牛丼の作り方でも(^¬^)
1、玉葱を切る
2、牛肉を切る
3、めんつゆをなべに入れる(1カップ)
4、みりんを入れる(大さじ1)
5、生姜を入れる(少々)
6、煮立つまで煮る
7、玉葱を入れてしんなりするまで煮る
8、牛肉を入れる(お好みでえのきとか豆腐もいれると美味しい)
9、マーマレードを入れる(吉野屋味がすきなら是非入れてみて下さい)
10、火を止めて味をしみこませる
11、ご飯に掛けて真ん中に温泉卵を載せれば出来上がり

以上、驚くほど簡単に出来ますが結構美味しいですよ。
マーマレードに驚くかも知れませんが、
吉野屋のあの甘さとほのかな酸味が再現できます。
もちろんマーマレードが無くても美味しいので一度お試し下さい。( ^0^)_D

長くなっちゃったんで料理の手際については次回にでも





 料理作りたくなりましたか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daisyaku.blog56.fc2.com/tb.php/4-c61f440f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。