アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060821124059.jpg


昨日の出来事
高校野球決勝戦まさかの15回延長引き分け再試合

だいさくは別の事をしながら見ていましたが、結果1-1の投手戦となり、
延長に入ってからは緊張感の伝わってくる良い試合だったと思います。

だいさく自身は野球には全く興味が無い為、まったくプロ野球は見ません。
高校野球は点の取り合いになる事も多く、逆転なども多々あり
素人目(だいさく目)におもしろいのでたまに見ています。

だいさくは野球には全く興味がないですが、
中学・高校時代野球に全く関心が無かった訳ではありません。

なぜならだいさくは吹奏楽部だった為、中学・高校野球共に
応援の為、スタンドで演奏していました。

野球場というのはとっても熱い、しかも楽器は金属の為
熱を吸収し、ほって置くと持てないほど熱くなります。

炎天下の中しかも長時間の演奏となり、吹奏楽部員には
かなり辛い演奏になります。

多分今回の15回延長で選手はもちろんですが、
演奏していた吹奏楽部員もかなりの頑張りだったと思います。

吹奏楽部の野球応援演奏は
攻撃時にだけ行い、守備の時に休む事になります。
攻撃の時の演奏はだいたい1番~9番打者毎で演奏する曲が決まっています。
それ以外にはヒット時、点を入れたときの曲があります。
ヒット時と点を入れたときの曲はだいたい毎年同じ曲で、
学校ごとの違いもあまりありません。

1番から9番打者の曲も基本的には毎年おなじ曲が基本として
用意してありますが、4番打者など我の強い人はこの曲が良いと指定
してくる場合もあります。

打者用の曲は基本的には1フレーズを全楽器で同じ旋律を吹くって
パターンが多いです。
正直な所あんまり細かく演奏しても広い野球場なので伝わりにくい為
同じ旋律を吹き、少しでもボリュームを出し聞こえやすい様にします。

演奏曲自体はどれも難易度が高くない為、演奏自体は簡単なのですが、
とにかく長い時間吹くことになるのと、炎天下の外という事で、
本当に辛い演奏になります。
守備がうまく守備の時間がすぐ終わるチームだったりすると、
それこそずっと吹き詰めになり、倒れる吹奏楽部員も少なくありません。

選手同様、吹奏楽部員も戦っているのです。

だいさくの中学・高校ともそんなに強い野球部ではなかった為、
何試合も吹くことは無かったですが、本当に辛かったのを覚えています。

だいさくの住んでる場所は甲子園球場のある西宮からはすぐの場所で
自転車で行けるほどの距離です。

高校野球に出場する学校の中には吹奏楽部員があまり居なかったり、
甲子園まで遠征が難しかったりする学校があります。

そんな学校はどうするか知っていますか?
実はそんな学校には甲子園に近い学校から演奏の手助けに行きます。

だいたい近場の吹奏楽部顧問の先生が故郷の県の後援会として
演奏をする事になります。

だいさくの知り合いの顧問の先生の一人に沖縄の後援会をしている
人がおり、だいさくも個人的に沖縄水産の高校野球の応援を
依頼されたことがあります。

正直な所、知らない学校の応援の為にあの地獄の演奏をするってのは
かなり辛いものがあります、しかし甲子園での演奏経験ってのは
何事にも変え難いものがありました。

だいさくはちょっと人とは違う思い入れのある高校野球ですが、
みなさんも選手はもちろんですが、頑張って応援している人たちにも
目を向けて頑張ったとエールを送ってあげて下さい。





 甲子園には行った事がありますか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daisyaku.blog56.fc2.com/tb.php/41-4f55aee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。