アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060829130222.jpg

そろそろ夏休みも終わる頃で学生諸君は
夏休みの宿題に追われているのでしょうか

だいさくは学生の頃から宿題をやった記憶が余りありません
小学生の頃も計算ドリルとか漢字ドリルとかあった気がしますが
いつも学校にいって休み時間の間にやるという、
自転車操業的な事をしていました。

夏休みの宿題も殆どした記憶がありませんが、
読書感想文と自由研究はやっていた記憶があります。
だいさくは本を読むのが好きな為、読書感想文は喜んでやっていました。

あと自由研究も作るのが好きなので、やってました。

記憶に残っている自由研究では
水のろ過器を作ってなんかの賞を貰った記憶があります。
結構簡単にできる割には評価を受け易いお手軽自由研究と言えます、
だいさくは小学生の時に1度転校しているので前の学校と
次の学校で同じ自由研究(水のろ過器)をだしてました。

低学年の時はお祭りでたまに売ってる棒に紙がくるくる巻いてあって
振ればビヨ~ンと伸びるのを作りました(画像参照)
正式名称は多分ペーパーローリングって言います。
他には伸びる棒とかカメレオンとか呼ばれてたと思います。

ただ作るだけだと自由研究として弱いので
何を紙に塗れば一番綺麗にビヨ~ンと伸びるかと題し
ロウ・小麦粉・チョークなど適当なのを選んで紙に塗って出しました

もちろん正解はロウに決まってる訳ですが、それなりに評価も良く
その年の文化祭ではクラス全員で作って商品とした記憶があります。

ペーパーローリングの作り方
準備品 ろうそく、棒(割り箸でもOK)、模造紙(紙なら何でもOK)
1、用意した棒の長さを見て大体持つ部分を決めて
  印をつけて置く
2、棒の持つ部分以外の長さを計りその幅に模造紙を切る
  (持つ部分以外に紙を巻きます)
3、模造紙の紙が短い場合はテープなどでくっ付けて
  細長ーい紙を作る
4、切ってくっつけた紙に両面とも丹念にろうそくを塗る
  ろうそくを紙にこすりつける感じにすればOK
  この時丹念に塗ってないと完成した時に綺麗に伸びません
5、棒に紙の端を付ける
  割り箸の場合は紙を割り箸で挟んでテープでしっかりとめる
  この時に紙が棒にきちんと止まっていないと
  紙だけ棒からすっぽぬけるので注意
6、紙を棒にくるくると巻いていく初めはきつく巻いて
  型を付ける様にする
7、巻ききったら紙の端っこをテープなどで補強する
8、これで完成
9、棒を持って振り下ろす様に振ってビヨ~ンと伸びれば成功です。

作るのは簡単ですが、細長い紙を作ったりロウを塗ったりで
結構しんどかった気がします。

作り方は簡単に書いたんでうまく出来るかどうかは自分で試行錯誤しながら
作って見てください、自分で考えるのが自由研究の面白さですしね。

他にはマンホールが丸い理由とかお金を入れると種類毎に分かれる貯金箱とかを
自由研究にした記憶があります。

いまならネットを使えばすぐ見つかりそうですが、
だいさくの頃はネットなんてなかったので、
自由研究で何か調べるのは本当に大変でした。

何をやっても許されるのが自由研究、
自分の興味のある事や作って見たい物を精一杯作れば、
きちんと評価されると思います。

大人になったのであまり何かを作る事もなくなりましたが、
子供が生まれたら一緒になってなにか自由研究してみたいですね。





 自由研究で何を作りました?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daisyaku.blog56.fc2.com/tb.php/49-6cc516b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。