アクセス解析
日々思うことを綴っています、難しい言葉の解説、共有プラグインのカスタマイズ方法など だいさく独自の小さな世界です。


※ 小さな世界では考察などを乗せていますが、だいさくが調べた内容から得た
   ひとつの結論であり、記事を鵜呑みにするのではなく、
   ご自身で調べて自らが納得する結論を導き出して下さい。
別館小さな世界販売所がOPENしました、記事との関連商品を紹介しています。
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログにこられる検索ワードで最近増えている検索ワード
『結婚式 服装』
ってことで今日は結婚式の服装

注:だいさくは男で女性の服装はわからない為、
  男の服装しかアドバイスできません。

まず結婚式の服装と言っても立場や呼ばれる会によって違うと思います

親族として結婚式に参列する時は悩むでもなく礼服でしょう
実は礼服が一番楽だったりします、何も考えず礼服着て、白のネクタイを
しめればよいのですから。

で、一番悩むのが結婚式・披露宴での招待客としての服装だと思います。
既に結婚している人は礼服というのが本当なのですが、
最近は若い人だと結婚してようがしてまいが礼服は少ないと思います。

ではどんな服を、との事なのですが黒とか紺のスーツに
カラーシャツ、カラーネクタイでも全然かまわないと思います。

だいさくは礼服か黒のスーツに薄いピンクのシャツ、白っぽいネクタイで
行く事が多いです。

実際の所、他に出席する人とあわせるのが一番だと思います。
礼服が多い時もあればスーツが多い時もあるからです。

男の場合そんなに回りも服装の事は気にしてないし
見られてもいません、お祝いする気持ちがあれば
赤とか緑とか紫みたいなよっぽどおかしな色のスーツを
着ていかないかぎりは大丈夫です。

でも、仕事できてよれよれのスーツを着ていく位なら礼服をお勧めします。

あと2次会の服装ですが、普通にスーツでOKです。

礼服で行くことになった時などに遠方の会場だと大変なので
そんな時は会場で着替える事をお勧めします。

大体どこの会場でも着替える場所はあるので、
だいさくは普通の服で言って会場で着替えるにしています。

簡単ですが参考になったでしょうか?





服装なんてなんでも良いのです祝う心が大切です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daisyaku.blog56.fc2.com/tb.php/98-3dbc5807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。